--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/10/30

シンガポール料理

「美味しいチキンライスのお店を見つけたの」と
母から連絡があり、家族でシンガポール料理を食べに行ってきました。
今回は弟夫婦も一緒。

あ、ちなみに名目は私の誕生日祝い(笑)。
もう2ヶ月過ぎてしまいましたが…。

私も弟も幼少期をシンガポールで過ごしていたので、
シンガポール料理には、ことさら思い入れがあるのです。


まずはタイガービールで乾杯

Tiger Beer



父はアンカービールのほうが好きだったみたいだけど、
今は輸入していないんだって。


そしてお料理が次々と出てきます。

唐辛子の甘酢漬け

唐辛子の甘酢漬け



サテ 
肉を串に刺して炭火で焼いたもの。
ピーナッツのソースが美味しい♪

sate



チリカンクン
空芯菜の炒め物
これもピリ辛で美味しいの♪

Chilli KangKung



カレー
一緒についてきたナンが香ばしくて何枚でも食べられそうな感じ。

curry



チリクラブ
蟹のピリ辛ソースかけ
蟹があまり得意ではない私も、これは食べられます。

Chilli Crab



チキンライス
その名の通り「鶏飯」です。
チキンスープでご飯を炊きあげているので、
ご飯が甘くて美味しいのです。

Chiken Rice




それにしても良く食べたなぁ♪


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

海南鶏飯

東京都千代田区三崎町2-1-1
03-3264-7218


スポンサーサイト
おそとごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/22

Milk Foamer

これを見てたら
無性にミルクフォーマーが欲しくなってしまい、
買ってしまいました(笑)。

Milk Foamer



平日はなかなか出番は少ないのですが、
週末は活躍してくれてます。

ミルクの泡立ち具合が素敵♪

あわあわ



ラテアートも練習次第ではできるようになるかしら??



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/16

水金亀 / すいきんき

朝晩涼しくなってきました。

これからの季節は岩茶が飲みたくなります。

岩茶は烏龍茶の一種ですが
福建省北部の岩場で採れるお茶で
製造過程に「焙煎」という工程が入っていて
少し苦い味がします。

日本人がイメージする烏龍茶に近い味なので
親しみやすいかもしれません。


今日のお茶は「水金亀」

茶葉



産地は福建省武夷山
武夷四大岩茶のひとつです。

茶葉4g お湯90~95℃

淹れてます

1煎目は茶葉の表面に着いた汚れを落とすため
お湯は半分入れてすぐに捨てます。

2煎目は45秒
今日は渋いお茶が飲みたい気分でした。

岩茶独特の焙煎のやや焦げたような匂いの中に
かすかに甘い匂いがします。
この匂い、何度かいでも好きです!


茶水は濃くて深いオレンジ色

茶水



茶葉も黒く光って潤っている感じ
お茶の老子は「烏潤」という表現をよく使っていました。

烏潤

烏潤




この「水金亀」という名前の由来は
昔、武夷山が激しい雨に襲われた時
樹木が根こそぎ流されたそうです。

雨が上がったある日、天心寺の和尚さんが被害状況を見に外に出たところ、
牛欄抗という川のそばに大きな亀のようなものがいました。
よく見てみると立派な茶の木で、
雨でぬれた葉が反射して金色に光っていました。

和尚さんはその木を「水金亀」と名付け
大事に世話をしました。



└ 青茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/10/12

写経


休日を利用して写経をしてきました。

会場は「竹寺」

竹寺



竹寺


写経会場



写経は広間で行います。

広間

道具一式

道具



席に着いたらすぐに写経を始めるのではなく、
まず住職の簡単なお話を聞いて、
皆で般若心境を唱えて、
白い包みに入っているお粉で手を清め、
紅い包みにはスパイスの粒のようなものが入っており、
それを口含ませて口を清め、
最後に自分の息が写経にかからないようにマスクをして
それから硯に水をいれて墨をすります。

半紙の下に見本があるので私は上からなぞるだけ。
それでも40分くらいかかったでしょうか。

写経



写経が終わった後に、またお楽しみが待っていました。

精進料理です。
季節の山菜を堪能しました。

精進料理



精進料理



精進料理




隣の広間には「竹寺」の所以たる竹がどーんとありました。
竹の成長が良すぎて、天井をつきぬけています。

竹寺たる所以



お庭も一面の竹林

竹林




料理をいただいた後は散策タイム

竹寺

竹寺



竹寺



竹寺



澄み切った空気のなかで、背筋を伸ばして集中して写経をし、
気が引き締まった感じがします。
雑念を取り払って一心不乱に字を書くのって楽しいですね。
中断していた書道、また始めたくなっちゃった。



今日のおでかけ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。