--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/31

ただいま格闘中

今年は旦那さまが夏休みを取ることが出来なかったので、
その分冬休みを多目に取ることが出来ました。

頑張って仕事を調整してくれた旦那さま、ありがとう!

昨日無事に旅行から帰ってきて、
ただいま時差と膨大な量の洗濯物と格闘中です。

写真の整理がまだ出来てないので、
出来次第ブログで紹介していきたいと思います。


さて、今年の書き込みは本日で最後となります。
今年一年、ブログに来て下さってどうもありがとうございました。
感謝いたします。


どうぞ良いお年を!

スポンサーサイト
日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/20

あわてんぼうの聖誕老人

来たばかりの頃はものすごくシャビーだった印象の北京のクリスマスも、
最近は随分と凝った飾りを見かけるようになりました。

とあるホテルの飾り。

あわてんぼうのサンタクロース




「聖誕老人」は中国語でサンタクロースのこと。

「老人」は中国語では、60代以上の人生経験を積んだ人たちに対して
尊敬の念をこめて使われる呼びかけです。
日本語の「老人」とはちょっと違う印象を受けます。

こちらの人は年上に見られることにものすごく誇りを持っています。

中国語のテキストに
子供に席を譲った女性が「謝謝、阿姨」と言われて
「姐姐(お姉さん)」ではなく「阿姨(おばさん)」と呼ばれて嬉しかった
という文章が登場したこともありました。

私も子供達からは「阿姨」と呼ばれますが、
普段は「夫人(ミセスまたはマダムの意)」や「太太(奥さん)」と呼ばれているので、
未だに自分のことだと気づくまで時間がかかります。



日々徒然 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/12/15

澄む空気

夜明けのひと時。

今日は久々に空が晴れています。
遠くのビル群が良く見える。

Sunrise



晴れるとやっぱり気持ちが良いです。
洗濯物もはかどります。

空気が澄んでいると外出も楽しい♪
でも寒いのよね・・・。

最高気温がいよいよ零下になりました。
池もすっかり凍っています。

凍る池



今年もあとわずか。
気を抜かずに頑張りましょー!



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/10

茉莉花茶 / ジャスミン茶

ジャスミン茶は白茶、緑茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶のどれにも属しません。
というのも、緑茶にジャスミンの花の匂いを移しているものなので、
「再加工茶」と呼ばれているのです。

本によっては「花茶」という7つ目のカテゴリーを作っています。
私もそれに習ってジャスミン茶は「花茶」に入れることにしました。


お茶の生産地は中国の南部に集中しています。
流通が発達している今でこそ、北にいても新鮮なお茶が飲めますが、
昔の北方の人は新鮮なお茶を飲むことが出来ませんでした。

そこで、質が悪くなったお茶を美味しく飲むための方法として
花の香りを吸着させる方法があみだされたわけです。

今でも北京の人がジャスミン茶を好んで飲んでいるのは
そのためだと思われます。


ジャスミン茶にも種類がいくつかあるのですが、
今回は「工芸茶」と呼ばれる、
大き目の球状の形をした、見た目にも美しいお茶を紹介します。


ころん




80℃のお湯を注ぐと、花がゆっくりと開いていきます。

ゆっくりと




百合と千日紅が中に入っていました。

花開く




光の関係でかなり濃く映っていますが、
実際の茶水はもう少し薄い黄色です。

茶水




ジャスミンの良い香りが部屋に漂い、
匂いと同じくらい濃い味のするジャスミン茶。

私、北京にいるんだなぁ~と感じるひと時です。

└ 花茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/05

蛤蜊油

蛤です。

はまぐり



開けてみると

中身は



ワセリンが入ってます。

中国語の先生がこれを使っていて、
あまりの可愛さに買ってきてもらいました。

地元の人は「蛤蜊油( ge2 li you2 )」と言っています。

乾燥の激しい北京ではハンドクリームが手放せません。



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/12/02

甲、乙、丙、丁・・・

硬い文書などでは箇条書きのときに使われますし、
「甲乙つけがたい」など日常会話でも使うことがあります。

中国でもこの「甲、乙、丙、丁・・・」は良く登場します。
中国語のテキストの会話文

甲「・・・・・」
乙「・・・・・」
甲「・・・・・」
乙「・・・・・」 というように。


驚いたのが病名でも使われている点です。
いま流行の新型インフルエンザは甲型流感。(流感 → インフルエンザ)
A型肝炎 → 甲肝
B型肝炎 → 乙肝

日本人の私は「なるほど~」と思うのですが、欧米人にはまるっきりわからない世界でしょうね。


日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。