--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/12/31

カード違い

いま住んでいる所はカードキータイプのマンションなので、
鍵を財布に入れることができて便利です。

ただ、ドアがオートロックなので、締め出しを食らわないように、
いつもビクビクしてますが・・・・。

さて、このカードキー、ドアの所にスライドさせて開けるのですが、
これが早すぎてもダメ、遅すぎてもダメで、なかなか難しい。

時々、何度もカードをスライドしている音が聞こえてきて、
外を覗いてみると、ドアを開けるのに苦労している旦那さまが・・・(笑)。

ある日、何度もカードをスライドしている音が聞こえてきたので、
旦那さまだろうな、と思ったら、やっぱり旦那さまで、
でも、いつもと様子が違ってて、
何かあったのか聞いたら、
クレジットカードを一生懸命スライドさせてた、とのこと。

そりゃ開きませんよね(笑)。


さて、こんな感じで、お茶目な旦那さまは今年も私をたくさん笑わせてくれました。


今年の書き込みは今日で最後となります。
つたない日記ですが、今年1年お付き合い下さってありがとうございました。

また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

てんとう虫娘


スポンサーサイト
日々徒然 | Comments(2) | Trackback(0)
2008/12/26

ある時はマレー人、ある時はイギリス人

学校が終わりました~~~~(嬉)。
証書もちゃんと頂くことができたし、今学期もよく頑張りました。

毎日の予習と復習、そして宿題。
この年になって漢字の練習なんて、と思っていましたが、
大人になってから勉強に専念できる環境が与えられることは、
とても貴重な機会だと気づいてから、
できる限り授業を受けようと思うようになりました。

サバイバル中国語からなかなか脱出できないのですが、
でも北京にいる間は、少しずつでも中国語の勉強を続けていきたいと思う
今日この頃です。


さて毎日の通学は、行きはタクシー、帰りはバスでした。

中国の人は基本的にお話好きなので、
タクシーの運転手さんも色々とお客さんに話しかけてきます。
片言だけど中国語が話せるとわかると、止まらない止まらない。
話し方とかで外国人と分かると、更に止まらない。

必ず聞かれるのが「何処の国から来たの?」

「日本」と答えると、大抵の中国人の男性は日本人女性に対して
おとなしくて、料理を作ってくれて、男性に尽くすというイメージを持っているようで、
割と良い印象を持ってくれます。

中国にとって日本は近い国ですし、報道などでも日本のニュースが流れるので、
それなりに日本のことを知っていて、色々と聞いてくる運転手さんもいるわけで・・・。


元気が良いときはいいのですが、気分が乗らないときもあるんですよ。。。
漢字の書き取りテストのある朝とかは、教科書見ておきたいし。

そんなときに教えてもらった方法が、
国を聞かれたら、運転手があまり知らない国を言うと良い、ということ。
自分が知らない国だと、運転手もそれ以上質問してこないそうです。

なるほど。

というわけで、それ以来、
私は時々マレー人になったり、イギリス人(←え?)になったりします(笑)。

基本的には行ったことのある国を言っているのですが、
あるときカナダ人になったことがあり、そのままやり過ごそうとしたのですが、
たまたまその時の運転手が、外国にとても興味を持っていた人で、
「カナダはよく知らないけど、首都はどこ?」と聞いてきました。

「・・・・・・」(←ただいま考え中)

カナダの首都って何処だっけ?

あ、思い出した。

「オタワ。でも中国語ではなんていうか知らないの。」(←かなり苦し紛れ)

そして新聞を思いっきり広げて、話しかけないでオーラを出してやり過ごしました(笑)。


うん、新聞を持っている時は、次からはこの手で行こう。


日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/12/22

三つ子の魂・・・

世間ではもうすぐクリスマスですが、
わたくし
ただいま期末試験真っ只中でございます。

中国語を習う上で、漢字を知っているというのは、ものすごいメリットです。
でも、漢字を知っているが故に、こんがらがることも度々。

未だによく間違えるのが「アメリカ」。

日本語では「米国」と書きますよね。
中国語では「美国」と書きます。
発音は「mei3 guo2」。


何故か「米国」だけ間違えるんです。他の国は間違えないのに・・・。

気づくといつも「米国」と書いてしまい、
そして減点されてしまうの(泣)。



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/12/21

北京の楽器街

友人のお買い物付き合って「新街口」という楽器街に行って来ました。

地下鉄2号線の「積水潭」駅を出て、南に歩いていくと、暫くは洋服屋さんが並んでいます。
以外や以外、なかなか可愛い洋服が売っているではありませんか。

そして、ある所を境にいきなり楽器屋ばかりが並んでいます。

楽器街 1

楽器街 2



ギターばかりが置いてあるお店があるかと思えば、
二胡やら琴など中国楽器、バイオリンなど弦楽器がずらりと並んでいたり。


友人が買い物をしている間、バイオリンの弦をなんとなく見ていたら、
店員さんが色々種類を出して見せてくれました。


ちなみにお値段は
中国(大陸)製 → 4本一式 8RMB (約120円)
台湾製 → 4本一式 30RMB (約450円)

輸入物はピンきりですが、4本1式 200RMB~(約3000円 )からでした。
日本ほどではないけど、それなりに種類はあったように思います。

ちなみにお値段は(覚えているものだけ)
Dominant → 4本一式 280RMB (約4200円)
Tonica → 4本一式 360RMB (約 5400円)
Evah Pirazzi → 4本一式 498RMB (約 7470円)

大陸産、台湾産、輸入物のこの値段の格差はすごいですね。
やっぱり輸入物は高いわね~、とおもっていたのですが、
友人曰く、アメリカでは大体1本 $10~20だから、こんなものだとのこと。

弦の値段の相場を知らなかったとはいえ、
中国の値段に慣れてしまった私にはやはり高い・・・(笑)。

家に帰って、日本ではいくらで売っているのかしらん?と思ってネットで調べてみたら、
更に高かった・・・・(汗)。

Dominant → ¥5.580
Tonica → ¥8.300
Evah Pirazzi → ¥12.900

日本に帰国したら、色々な意味でリハビリが必要かも・・・・(汗)



今日のおでかけ | Comments(0) | Trackback(0)
2008/12/13

お茶会@琉璃廠

琉璃廠に行って来ました。
ここは筆や墨、紙など、書道や絵画のための道具である
「文房四宝」の専門店街で、
クラシックな建物が並んでいる通りです。

琉璃廠 2



この通りにある「陸羽茶芸中心」で
ちょっとしたお茶会に呼んでいただいたので、
参加してきました。


**中国茶豆知識**
「陸羽」は中国茶道を学ぶ上では欠かせない人で、
お茶の知識をまとめた「茶経」を書き上げ
それが現在の中国茶道の基となっています。


陸羽茶芸中心



「陸羽茶芸中心」では、台湾式のお手前を見せていただきました。
私が習っているお手前とは違う部分もあり、とても勉強になりました。
使っている道具のセンスもよく、欲しくなっちゃいました。

そしてなんと言っても、この茶車!
左側に並んでいる台なのですが、これがあると中国茶もいよいよ本格的になります。
道具や茶葉を収納できる引き出しもついてるし、いいなぁ・・・・。

買いたいものリストにまたひとつ新しいものが追加されました(笑)。



お茶 | Comments(4) | Trackback(0)
2008/12/10

初雪

初雪です。

凍った河にうっすらと雪が積もっています。

初雪




日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/12/09

写真屋さんでのひと時

証明写真が必要になったので、近くのカメラ屋さんに行って来ました。
中国の証明写真のサイズは1寸、2寸、あとパスポートサイズが一般的です。
背景は青を指定されることが多いかな?

デジタルカメラで何枚か撮影をして、パソコンに取り込んで、その中から1枚選びます。
そしてその後、シミやらシワなどを加工してくれちゃったりします(笑)。

写真を待っている時、小さな白い塊がこちらに向かってくるので何かと思ったら、、、

cat



子猫でした。

写真屋さんで飼っているのかな?人懐っこい猫でした。
写真を撮るためにかがんだら、一生懸命膝によじ登ろうとしてきました。

実家で猫を飼っているので、犬派か猫派かと問われると、「猫派」で、
猫は大好きなのですが、(犬ももちろん好きですよ♪)
狂犬病の危険性が高い中国では、動物に触るのはためらってしまいます。
そうでなかったら一緒に遊ぶのですが、今回は写真だけで我慢です。


日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/12/07

今年はシンプルに

今年もリースを作りました。

去年はオーナメントをたくさん散りばめて明るいリースにしたので、
今年は控えめに、自然な感じを出してみました。

クリスマスリース 2008-1



クリスマスリース2008-2



家の中がモミの木の香りでいっぱいで心が癒されます。


日々徒然 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。