--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/11/29

初級茶芸師に挑戦

本日、初級茶芸師の試験がありました。




チャイナドレスを着るのが一番良いのですが、ロングドレスしか持っていなかったので
「チャイナドレス風」のものを着ていきました。





試験は2種類。
筆記と烏龍茶のお手前。

まず筆記から。
お茶の名前と種類、産地がこんがらがってしまって、結構慌てる。
しかも鉛筆はダメで、ボールペンで記入せよ、とのこと。
ますます慌てる・・・・。


次にお手前。
なんとか途切れずにお手前をやり遂げました。
けれども、事前にどの種類の烏龍茶かを聞かされておらず、
匂いだけで茶葉の名前を言わなければならず、見事に間違える。
「鉄観音」だと思ったら「黄金桂」だったよのね~。
飲んでから、これは鉄観音ではなく黄金桂だとわかったのですが・・・・。
その違いがわかっただけでも進歩よ!と老師は言ってくれたけれども・・・。

結果は1ヶ月後に教えてもらいます。
ドキドキ・・・



スポンサーサイト
お茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/26

上海蟹

頂いちゃったんです、上海蟹♪



いい感じで蒸しあがっています♪♪

でも、でも、クリーミー過ぎるものが、ちょっと苦手な私。。。
蟹の足の部分は食べられるのですが、蟹味噌がダメなんです。(><)
(ちなみに、イクラ、ウニも苦手。。。)

ひと口食べてみるも、やっぱりダメ。
トホホ・・・
というわけで、二つとも旦那さまのお腹の中へ。

「美味しい、美味しい」とペロリと平らげてくれました。



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/25

初雪

とうとう北京で雪が降りました。



午前11時現在の気温は1℃。
冬になると川も凍ってしまう北京。
これでも今年は暖冬なんだそうです。



最近の北京の空はこんな感じです。

霧がかかった感じでどんよ~り。

スカッと晴れることはあまりありません。



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/20

ツナへの道のり

大根が美味しい季節だし、ツナと一緒に煮て晩ご飯のおかずに出そうと思ったとき、
そういえば、北京に来てからツナを使った料理を作っていないことに気が付きました。

原因は「赤いツナ事件」に他ならないのですが、6ヶ月もツナに触れないでいたなんて、
気づかないうちにトラウマになっていたのかしら??

ようは「with 5 spices」と書いていないのを買ってくればいいわけだし、
久々にツナ料理を食べたいし、ということでツナを買ってきました。


さ、開けますよ~♪

パカン!(←ツナ缶を開けた音ね)

「・・・・・・・」

白い・・・

白いツナ



そりゃ「SALAD」と書いてあります。
書いてありますが、サラダとしてしか使えないなんて・・・・・。
私が求めている「ツナ」はこれじゃないのよぉ~~~!!


結局サンドイッチ



・・・というわけで、大根とツナの煮物はお預けとなったわけですが、
このツナは翌朝の朝食に活用いたしました。

初のツナを使ったお料理(と言えるほどのものではありませんが・・・・笑)は
サンドイッチとなりました。

普通のツナへの道のりは遠い・・・・



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/17

一卡通 (yi1 ka4 tong1)

ついに買うことが出来ました。

「 一卡通 (yi1 ka4 tong1)!」



日本で言う「SUICA」のようなもので
地下鉄、バスに乗るとき、このカードを機械にかざすだけでいいのです。

地下鉄の駅の「IC所ケ充値」という看板を下げているところで購入できます。
デポジットが20元、後は好きな金額を入金できて、
残高が無くなったら、駅のカウンターで入金できます。

これでバスに乗るために1元札をためなくて済むわ~☆




日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/16

Beaujolais Nouveau 2006

北京でもボジョレーが手に入りました。




ワインにはあまり詳しくはないんですが、
Georges Duboeufって結構有名なんですね。

今年のものは美味しいというコメントをたくさん見たのですが、どんな味か楽しみです♪


旦那さま、早く帰ってこないかなぁ~。



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/16

南锣鼓巷胡同と甘栗

今日はクラスメートと共に美味しい甘栗屋さんに行ってまいりました。

まずはその前に腹ごしらえ。
外は寒いので中華風ラーメンで身体を温めました。真っ赤っ赤です。



見た目ほど辛くなくて、ペロリとたいらげてしまいました(笑)。

さて、お腹が一杯になったところで移動です。
栗屋さんに行く前に寄り道しました。
地安門の程近くにある南锣鼓巷胡同(nan2 luo2 gu3 xiang1 hu2 tong4)。



細い路地に家々が連なる町並みは700年前の元朝時代に形成され
明・清朝にかけて発達しました。



観光地化されつつありますが、今でもここで暮らしている人がたくさんいます。



地元の人の生活に欠かせない練炭。



案内してくれた友人曰く、
ここには中国の有名な女優である章子怡(チャン・ツィイー)が卒業した
「北京中央演劇学院」があって、ここを歩いている若者は綺麗な人が多いのだとか。

お洒落なカフェがあったりして、雰囲気がとてもよかったです。



胡同を抜けて大通りに出ると、目的地の栗屋さんです。
人がたくさん並んでる~~!!



20分ほど並んだでしょうか、小ぶりだけど、艶々した美味しそうな栗です。



その場でひとつパクリ♪
ホクホクしてて美味しかったです~~♪♪
やっぱり季節のものを食べるのは最高です!!


「秋栗香」
住所:北京市西城区地安門西大街2号



今日のおでかけ | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/15

茉莉花茶

本日のお茶は「茉莉花茶」。
ジャスミン茶です。



ジャスミン茶は「再加工茶」と呼ばれ、中国の中でも東北地方でよく飲まれているお茶です。

お茶の主な産地である福建省や雲南省と違って
新鮮なお茶が手に入らない東北地方では
お茶に花を入れて飲む習慣があったそうです。

流通が発達した現代では、新鮮なお茶が簡単に手に入るようになりましたが
それでも東北の人は今でもジャスミン茶を好んで飲むようです。

それにしても、そこら辺のスーパーで買うジャスミン茶とは味が全然違って
匂いがしっかりしていて、すごく美味しかったです。
今まで飲んでいたジャスミン茶が飲めなくなっちゃう・・・(泣)。


さぁ、これで「初級」のお茶の授業は終わりです。
来週、今までの復習をひと通りして、、、再来週には「初級茶芸師」の資格に挑戦します。
筆記(もちろん中国語です)と烏龍茶のお手前を先生の前でしなければいけません。
列記とした国家資格なんですよぉ~~!!

学校の中間テストが終わったと思ったら、次はお茶の試験。
実はその後にも別の試験が控えていたりして、しばらく試験が続きます・・・。



お茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/11

葡萄色々

この秋、葡萄をたくさん食べました。
中国には色々な種類の葡萄があって、色や形、味が違うので、
見たことがない種類を見つけると
「どんな味がするんだろう」と楽しみながら買ったものです。

☆まずは巨峰。
日本ほど大きくはありませんでしたが、甘くて美味しかったです。



☆玫瑰香葡萄(バラの香りのする葡萄)
確かに花の香りがしました。味も甘さに加えて花の味がしたような・・・。



☆馬奶葡萄(馬の乳のような葡萄)
形が馬の乳に似ているから、そう名づけられたそうな。
新疆でもよく食べました。



☆美人指
細長い上に結構大きいです。私の親指くらいはあったと思います!
味は酸味が少し強かったです。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

余談ですが「葡萄」と聞いて思い出すのが、「葡萄」を使った中国語の早口言葉。
中間テストでも言わされたんですよね・・・・(苦笑)。

吃葡萄不吐葡萄皮儿 (chi1 pu2 tao bu4 tu3 pu2 tao pir)
不吃葡萄倒吐葡萄皮儿 (bu4 chi1 pu2 tao dao4 tu3 pu2 tao pir)
吃吐鲁番葡萄 (chi1 tu3 lu3 fan3 pu2 tao)
不吐吐鲁番葡萄皮儿 (bu4 tu3 tu3 lu3 fan1 pu2 tao pir)
不吃吐鲁番葡萄 (bu4 chi1 tu3 lu3 fan3 pu2 tao)
倒吐吐鲁番葡萄皮儿 (dao4 tu3 tu3 lu3 fan1 pu2 tao pir)


さあ、皆さんご一緒に 「ちゅー ぷーたぉ ぶー とぅー ぷーたぉ ぴぃぁー・・・・・」



おうちごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/10

芸術茶 ~丹頂紅~

知り合いから「芸術茶」なるものを頂きました。



芸術茶って、なんだろう・・・?
ものは試しで透明の入れ物にひとつ。



おぉ~、だんだん開いてきましたよ。



待つこと数分・・・中から花が出てきました♪
百合と茉莉花です。



見事な芸術なり~♪
他に7種類あるので、またご紹介していきます。



お茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/08

沱茶 (tuo2 cha2)

先週に引き続き、黒茶のお勉強。

今日は沱茶(tuo2 cha2)の試飲をしました。
「沱茶」とは雲南省産のお茶の一種で
葉をお椀の形に押し固めたお茶のことです。
固めることで保存しやすく、持ち運びに便利なのです。



お茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/05

煮りんご

「りんご狩りに行ってきたの~」と友人からりんごを頂きました。

食べても食べても、まだ残っていて、だんだんシワシワになってきてしまい、
せっかくだからデザートを作ろうと、煮りんごに挑戦しました。



甘~いシロップとりんごのほのかな酸味が程よくマッチして美味しい♪

一人で丸々一個食べちゃった(笑)。


来週1週間の天気予報を見たら、最低気温が0℃を下回っていました。
厚手のコートをそろそろ出しておいた方がいいかも・・・。



おうちごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/03

すずめ

金曜日の午後は、芸術の時間。
書道と中国画の授業が隔週で行われます。

今日は中国画の時間。
本日のお題は「すずめ」でした。

「今日はこの絵の具を使って書きましょう」と、サラサラとお手本を描いてくれました。

美しい~。



お手本を見ながら、生徒達も先生に続きます。

え~・・・・お恥ずかしいのですが・・・・



同じ筆を使って、同じ色を使っているのに、こんなにも違うなんてっ。
さすが、先生!!



芸術の時間 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/11/01

露雨軒茶楼

本日のお茶の授業は、いつもの教室ではなく、先生お勧めの茶楼で行われました。

「露雨軒茶楼」外観からして、雰囲気良さそうです。



中に入ると、映画に出てきそうな感じの内装に、みんな感激♪



授業の前に、茶楼の人が館内を案内してくれました。
色々タイプの茶室があり、見ているだけでも楽しいです。インテリアも素敵♪
中国家具をそろえたくなってしまいました。









先週に引き続きプーアル茶を勉強したのですが、
先生が「七子餅普諸X茶」というのを持ってきてくれました。

茶葉を固めたプーアル茶です。
固めることによって、保存をしつつ発酵もさせていくという一石二鳥の役割を果たしています。
プーアル茶の産地である雲南省の少数民族の人は、
これを嫁入り道具に持って行ったのだとか。



これ、どうやって崩していくかというと、ちゃんと専用のナイフがあるんですね~。
茶葉が層になっているので、層の間にナイフを入れて崩していくんです。



5年もの、10年もの、18年もの、と飲ませていただいたのですが、18年もののプーアル茶、
ちっともかび臭くなくて、美味しかったです~♪


この「露雨軒茶楼」、予約すればお料理も食べられるそうですよ。

「露雨軒茶楼」
住所:北京市朝陽区和平東街十二区
Tel : 64206706



お茶 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。