--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/07/30

朝陽公園

家から歩いて30分のところに「朝陽公園」という大きな公園があります。
天気も良かったので、お散歩がてら行ってみることにしました。



この公園なかなか広くて、ちょっとしたアトラクションなどもあります。




子供達が楽しそうに遊んでいました。

綺麗な芝生もあって、家族連れが和気藹々とトランプをしてたり、ご飯を食べたりしてました。



私達は持参したバドミントンで軽く汗を流し、プラプラとお散歩を楽しんできました。
やっぱり外に出ると気持ちが良いですね!!



スポンサーサイト
今日のおでかけ | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/29

ものは試しで 「Superman Returns」

旦那さまとお散歩中に、橋の袂でDVDを売っているお兄さんとすれ違う。
ちらりと見てみると「Superman Returns」やら
「Pirates of Caribbean : Dead man's Chest」など、
公開されて間もないものばかりが並んでいる(笑)。



「公開されたばかりなのに、なんであるの?」
と聞いてみると
「早く手に入ったんだ」とお兄さん。

あやしい!絶対にあやしい!とわかりつつ、ものは試してひとつ買ってみることにしました。


家に帰って早速見てみると・・・やっぱり怪しかった(笑)。

おそらく映画館撮りしたものなのでしょう。
画像がブレてるし、字幕もめちゃくちゃ。
途中で観るのやめました。

今度はちゃんとしたDVDを買います。はい。



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/27

中国語講座、終了。

通っていた中国語講座のプログラムが終了しました。

私が行っていた学校は、日本人のための語学講座で、
先生も日本語が話せる方です。
様々な国の人に混じって中国語の授業を受けられる学校もあるのですが、
基礎は日本語で習ったほうが方が安心できるというのと、
友人を作りたかったという理由があったので、今回は日本人ばかりの学校に行きました。

おかげで良き友人達と知り合うことができ、クラス以外の日もお互いの家に遊びに行ったり、
外に遊びに連れて行ってもらったりと、仲良くさせていただきました。
本当に楽しかったです。
みなさん、ありがとうございました。 m_ _m


中国語の勉強はまだまだで(笑)、ようやく「入門」を卒業。
夏の間も引き続き同じ先生に習うことにしました。
次は「初級」です。

今まで週2回だったクラスを、今回は週3回に増やしてお勉強です。
そして9月からは大学の語学講座に通おうと思っています。
少しでも上手に中国語が話せるようになりたいです。



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/26

初のお手前

今までお手前の練習は水でしていたのですが、
今日、初めてお湯を使って「黄金桂」を淹れました。

お湯を使ってお手前をすると、今まで気づかなかったことに気づきました。
熱いです。とにかく熱い。
あまりの熱さにお手前を中断させてしまったほどです。

先生は平気な顔をして持っているんですけど(↓)、
やっぱり長い間やってきて慣れているからなんですよね。



やっぱりお茶道具一式買って家で練習したいなぁ・・・。


さて後半の聞き茶は台湾烏龍と鉄観音茶の飲み比べ。
そして岩茶の飲み比べをしました。

本日のお茶
・鉄観音茶
・台湾凍頂山の凍頂烏龍
・福建省武夷山の岩茶「水仙」 伝統加工茶
・福建省武夷山の岩茶「水仙」 現代加工茶

まずは鉄観音茶と凍頂烏龍。
上の写真がこの2つのお茶を淹れているところなのですが、
色はほぼ同じなのに香りも味もまるで違います。

凍頂烏龍は柔らかい香りがして、すがすがしい味がしました。
一方鉄観音茶は香りが強く、そして口に含むと香りが一気に口の中にも広がります。
これを「観音調べ」と言うそうです。


そして岩茶。



同じお茶なのに、加工工程が違うとこうも色が変わってくるから不思議です。
左の濃い方が伝統加工を施したお茶。
右の薄い方が現代加工を施したお茶。

「伝統加工」とはどういうことかと言うと、時間をかけて焙煎させたものだそうです。
こうすることによって、深い香りが生まれます。
最近はこの濃い香りが苦手な人のために、
焙煎の過程を減らした岩茶が作られるようになりました。
それが「現代加工」のお茶です。

この2つのお茶、茶葉だけでも匂いの違いは明白で、
伝統加工のお茶の方はほうじ茶の匂いがしました。
味も伝統加工の方が良い香りがして、ほうじ茶の味がしました。
伝統加工を施した岩茶の、この深い香り、深い味のことを「岩調べ」というそうです。



お茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/25

雨の日の事件

最近雨模様の日が続いている北京です。
日本のようにシトシトと降るのではなく、
スコールのように2時間くらいザーっと降り、
そして雷がゴロゴロ、ピカピカ、たまにドッカーン!

昨日も雨がザーザー降っていたとき、
たまたまマンションの管理事務所の人が家に来て作業をしていました。
ところが、その人が作業をしていた部屋から突然出てきて、電話をかけ始めました。
何か不具合があったのか、足りない道具でもあったのかな?
という程度で気にしなかったのですが、
2分後大きなシートを抱えたお兄さんが家にやってきました。

何事かとキョトンとしている私を見て、管理事務所の人が

「夫人、漏水。漏水。」

「漏水(lou4 shui3)、授業で習ったっけ。水漏れの意味だったよね・・・」
とのんきに復習をしていた私。


んで、何処が漏水だったかというと・・・・



なんと雨漏りしてました・・・・・。

水道の蛇口の水漏れも、雨漏りも「漏水」。
またひとつ勉強になったわ・・・・。


今日はこれ以上のことは出来ないからと、床にシートを敷いて、
水が落ちてくるところにゴミ箱を置くと言う原始的な緊急処置をして、
管理事務所の方はお帰りになりました(笑)。

晴れた日に外から修理しないとダメなんですって。

・・・というわけで、今日の出来事でした。



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/24

焼き餃子

こちらでは「餃子」というと「水餃子」が一般的なのですが、
「焼き餃子」をすることもあるんですね。
先日のお料理教室は焼き餃子でした。
もちろん皮から手作り♪

焼きあがった餃子。皮はパリパリでぃ!



さてさて、手作り餃子で困るのが、材料が余ったとき。
具が余ったら冷凍してまた使えますね。
市販の餃子の皮も冷凍しておけばまた使えます。
手作りの皮も冷凍するのかと思ったら・・・・

先生、生地を伸ばし始めました。



三つに折りたたんで・・・おぉぉ~、麺ですか!!



これを冷凍しておけば、茹でれば良いだけなので簡単、便利。
なるほどねぇ~。


そして、今日の晩御飯、この麺を使って作ってみました。
担担麺♪



お店で食べる麺には負けるけど、それなりに美味しかったです。
でも辛かった!!
豆板醤を入れすぎたみたい(笑)。



おうちごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/23

「紅の豚」 広東語編

DVD屋さんで「紅の豚」見つけました。



残り一枚だったので迷わず購入。

さっそく見てみる。

おぉ!!ポルコが広東語を話している。。。
ジーナも広東語を話しているよ!!
もちろんその他のキャラクターもみんな広東語。

オリジナルの音声に直せないものかといじってみるが、今回はそれが出来ない。
仕方ないので英語の字幕を出して映画鑑賞。

日本の作品なのに、音声は広東語、字幕は英語。
なんとも不思議です。

memoirs of a geishaの時のような変な英語ではなかったのでひと安心。

しかし、作品のイメージと広東語のギャップにびっくりしました。
ポルコは渋くてニヒルで、低い声でささやくように話すのが似合うキャラクター。
広東語だと元気が良すぎて、ポルコじゃないみたいでした。
何度か見ると、慣れるものなのでしょうか??



DVD屋さんといえば、
先日ジブリコレクションを買おうとして、値段交渉で完敗したDVD屋さん
この間久しぶりに行ったら、もぬけの殻となっていました。
最近、違法DVDの摘発が厳しくなってきていると聞いています。
この国の一面を垣間見た瞬間でした。



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/21

さて、お味は・・・?

食後のコーヒーではありません。

中薬



今日、漢方の薬を取りに行って参りました。
朝、晩、食後に温めて飲むようにと言われて渡されたのが、これ。↓

中薬



一回分ずつ小分けになっています。
自分で煎じる必要はないので楽なのですが、結構重かったぞよ・・・・。

朝、晩、と言われたにもかかわらず、味を試したかったので、昼食後にトライ!!

さて、お味は・・・・?



う~ん、まず~い! もう一杯は飲めません。

想像通り苦かったです(泣)。
あのCMみたいにゴクゴクとは飲めません。熱いしね。

良薬口に苦しとはこのことか。
苦いですが、飲めない苦さではないので、暫く続けて様子を見るとしましょう。


話は逸れますが、今日はものすごく天気がよかったです。

青空




こんなに空が澄んだのを見たのは、来て以来初めて見たかもしれません。


日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/19

台湾茶 4

今日の教室に行ったら、こんなものが床に並んでいました。

これもお茶



結構大きいんですよ。私の身長くらいはあったと思います。
「千両」という雲南省のお茶で、昔からこうやって包んでお茶を保存しているそうな。
持ち運ぶときはこのまま馬に乗せるそうです。
「飲めるんですか?」と聞いたら、「まだ若すぎで今は無理」と言われました。
少なくとも3~4年は待たないとダメみたい。

さて、今日は烏龍茶のお手前を最初から最後まで通してやってみました。
ひとつひとつの動作がまだ完璧でないので、
相変わらず先生から注意されることが何回かありました。
来週からひとりずつ皆の前でやることになり、ちょっと心配。
まだ茶道具の名前も覚えていないので・・・。
せめて道具の名前だけは覚えて来週の授業に臨みたいわ。


後半は恒例の聞き茶。
今日も引き続き台湾烏龍。

台湾烏龍



本日のお茶
・阿里山金萓茶(手摘み)
・翠玉茶(機械摘み)
・四季春(機械摘み)
・東方美人(手摘み・写真右)


今日のお茶の特徴を少々

阿里山金萓茶
先週飲んだ奶香金萓茶のように人工的に香りがつけられたものとは違い、
今回頂いたのは自然にミルクの香りのするお茶。
・人工的につけられた香りと違ってほのかに香る程度。
自然についた香りは、実はそんなに香りはしないみたい。
・味もほんのりとミルクの味がする感じ。

翠玉茶
・花の香りがして、低いところで香っている感じ。
・お茶の味は少し渋みがある。

四季春
・高山茶ではないが高山茶の風味を持っている。
・高いところで香っている感じがする。
・茶樹は生命力があり、年中生産されているので値段も手ごろ。
・味はサッパリ味。

東方美人
・正式名称は「白毫烏龍」。1923年にアメリカでブームとなり「東方美人」と呼ばれていた。
・茶葉の色が元来の烏龍茶のように緑ではなく茶褐色。
・茶葉は発酵させ、丸まっていない。
・熟した果実の香りがする。
・お茶の色は元来の烏龍茶よりも濃く、味も紅茶に近い。


先生が台湾茶の名前はとても美しいとおっしゃっていました。
うん、確かにとても優雅で綺麗な名前ばかりです。



お茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/18

漢方で体質改善なるか?

中国で体験したいことがいくつかあるのですが、そのひとつが漢方。
以前から冷え性で、とにかく足の先が冷たい。
冷房をつけた部屋にいると、靴下を履かずにはいられないのです。

知り合いで漢方に通っている方がいたので、一緒に連れて行ってもらいました。
地元の人が通う病院なのですが、
先生は日本語が話せるので、日本人の患者さんも結構多いとか。

病院の様子です。

中医



受付で申し込みをします。

中医



廊下で順番を待ちます。

待合室



初めての診察だったので、体の様子をひと通り聞かれ、
舌を見せて、脈を診てもらい、煎じ薬を処方してもらいました。
私の場合は血流があまり良くないみたいなので、
今回は肝臓の働きを良くして、血液を造る作用のある薬を処方してくれました。

ちなみに診察と1週間分の煎じ薬で134元(約2.000円)でした。

薬は病院で煎じてくれて、一回分ずつパックにしてくれるので、
3時間ほど待たなければなりません。
さすがに時間がなかったので、薬は後日取りに行くことに。
味はまたその時にご報告します。
きっと苦いんだろうなぁ~。。。

急激には変わらないけど、徐々に体質が変わっていくことを期待しつつ、
暫くは通ってみようと思います。



今日のおでかけ | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/17

ようやく蓋がされました。

以前アップした蓋がされずに放置されていたマンホール、ようやく蓋がされました。
この蓋がまた木で出来た簡単なものなのですが・・・(笑)。

ほったらかしにされていた2ヶ月間、
誰か一人くらいは落ちた人がいたのではないだろうかと思うのは私だけ??




日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/14

マツタケぇ~!

いただいてしまいました、松茸。

マツタケ



こちらでは今が旬なのだそう。

ちょうど週末にお客様が来るのですよ!

松茸の炊き込みご飯でもつくってみようかな♪

思いがけないプレゼントに心が躍ってしまいます。



日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/13

双色香芋包(suang1 se4 xiang1 yu4 bao1)

今日も美味しい点心を食べに行ったのですが、
最後に出てきたデザートがとっても可愛かったので、今日はそれをご紹介します。

双色香芋包(suang1 se4 xiang1 yu4 bao1) 紅芋の蒸かし饅頭



渦巻きがラブリ~♪
中に紅芋の餡が入っていて、ほんのり甘くて懐かしい味がしました。




おそとごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/12

台湾茶 3

今日はいつもより早めに教室に到着したのですが、
授業まで時間があるからと先生がお茶を淹れてくれました。

台湾烏龍



「八仙」という岩茶の一種で
なんと今年は5㎏しか収穫できなかったと言う貴重なお茶。
しかも市場に出回っていない!!
これは良く味わって飲まねば~!!

茶葉は烏龍茶と違って細長く、花の香りがしました。
しかもほんのりと甘く、美味しかったです。


さて、そうこうしている内に授業の時間です。

先週に引き続き、お手前の練習。

茶器たち



今日は

27. 再び急須にお湯を入れる。
28. 公道杯(写真左のガラスの入れ物)をお湯で温めた後、急須のお茶を公道杯に入れる。
29. 公道杯の中のお茶をお客様に差し上げる。
30. お客様に茶菓子などを振舞う。
31. 急須にお湯を入れ、お客様に3回目のお茶を差し上げる
32. ゆっくりお茶の味を楽しむ。
33. お茶に関する話題などを話す。
34. 急須の中の茶葉を1枚取り出し、品茶杯(お茶を飲むための器)に入れ、お湯を注ぎ、お客様にお見せする。
35. お客様が飲み干し、淹れてくれた人に感謝する。
36. お客様が飲み干した茶杯を回収する。

これで烏龍茶のお手前は終了。

これらの一連の流れを優雅に出来るように、練習あるのみです。
早く茶器を買わねばっ!!


後半はいつもの聞き茶。
今日も引き続き台湾茶をいただきました。

台湾烏龍



本日のお茶
・阿里山茶(高山茶の一種)
・金萓茶(機械摘み)
・奶香金萓茶(手摘み)

阿里山茶は烏龍茶なのですが、緑茶のように少し渋みがありました。
金萓とは茶樹の種類の名前で、その木から取れるお茶にもその名前が付いたものです。
今日飲んだ金萓茶と奶香金萓茶には人工的にミルクの香りが加えれていて、
茶葉がミルクの味がするのです。
手摘みのほうがより強い香りがして、いつまでも嗅いでいたいくらいでした(笑)。

好き好きがあるかとは思いますが、私は結構好きです。
日本では「乳香烏龍」と言う名前で知られているかと思います。



お茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/11

Memoirs of a Geisha

観よう、観ようと思いつつ、観られなかった「Memoroirs of a Gaisha」。
DVD屋さんで海賊版を見つけたので購入。
早速観てみました。



DVDが始まり、メインメニューの画面が現れます。

ところが、目に飛び込んできたのが

「МЕМУАРЫ ТЕЙЩИ」

ロ・・・・ロシア語??

ひとまず「play movie」と思われるものを押して映画をスタート。

何だかイヤな予感がしていたのですが、やっぱり当たってしまいました。

字幕、ロシア語。
台詞、ロシア語に吹き返されていました。

・・・・・(--;)

台詞だけでもオリジナルに戻せないかとメインメニュー画面に戻し、
あれこれ触ってみること30分。
字幕を英語に。
台詞もオリジナル版に戻すことが出来、映画をスタート。

ところが、この英語の字幕と言うのが突っ込みどころ満載でして(笑)。

「田中さん」という台詞のところに「Mr. TianZhong」というサブタイトル。
何故に中国語読み??

この映画、ほとんど英語なので、台詞と字幕が同じはずなのに、
こんなこと言ってないよ、という台詞が字幕で出てきたり・・・(笑)。

どう考えても素人が翻訳した字幕でした。


まぁ・・・・10元(150円)でしたからね・・・・。
中国の良い思いでということで(笑)。


日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/10

餃子屋さん

恒例となっている、中国語レッスンのあとのランチ。
今日は地元の人でにぎわう餃子屋さんに入ってみました。

以前にも書きましたが、小麦が主食の北京。
餃子も立派な主食なのです。
なので餃子もバラエティ豊かで
野菜の数だけ餃子の種類があるといわれています。

最近はレッスンの効果もあって
少しずつですが野菜の名前がわかるようになってきました。
そうするとメニューを見るのも楽しくなってくるので不思議なものです。

例えば「芹菜腐竹」というメニューをみて
「”芹菜”ってセロリだよね? ”腐竹”ってなんだろうね?これにしてみようか。」
最近はこんな感じでオーダーを決めています。


~本日のメニュー~

白菜豆腐絲(bai2 cai4 dou4 fu3 si1) 白菜と豆腐の千切りサラダ



芹菜腐竹(qin2 cai4 fu3 zhu4) 腐竹は湯葉でした。



砂鍋棒骨湯炖豆腐(sha1 guo1bang4 gu2 tang1 dun4dou4 fu3)
豆腐、春雨、しいたけなどの具が入ったスープ。



餃子 3種類
・海味八喜(hai2 wei4 ba1 zi3) 8種類の具が入った海鮮餃子。
ちなみに何が入っていたかと言うと
カニ、えび、スルメイカ、なまこ、鳥肉、豚肉、しいたけ、香菜。
・トマト餃子 (トマトまでもが餃子の具となってしまうんですね。斬新・・・!!)
・ウイキョウの餃子



今日のご飯も美味しかったです。ペロリと平らげてしまいました♪



おそとごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/07

肉餅(rou4 bing3)

先日教わった肉餅です。

餃子粉を練って、大き目に伸ばしていきます。



具を薄く延ばしていきます。本日の具は豚肉、ネギ、生姜。



一箇所切り込みを入れます。



クルクルと巻いていきます。



軽~く押えて平らにします。



フライパンで焼いて焦げ目をつけます。



適当な大きさに切って、いただきまぁ~す。




おうちごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/06

漢字バトン

アメリカのメリーランドにお住まいのrumiさんから漢字バトンを受け取りました。
ちなみに私をイメージする漢字は「食の国」の「食」ではなく、淑女の「淑」だそうです。
期待を裏切らないように精進します。はい。(「食」の方が合っているような気もしますが・・・)
rumiさん、ありがとう。

>>続きを読む
日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/05

台湾茶 2 ~高山茶~

今日も先週に引き続きお手前の練習から始まりました。


今日は

14. 聞香杯(香りを楽しむための器)のなかのお茶を急須にかける。
15. 品茶杯(お茶を飲むための器)の中のお湯を茶盤の上に捨てる。
16. 急須の底を茶巾で拭き、
17. 聞香杯に3週まわしてお茶をいれる。
18. 急須の中の最後の茶汁を聞香杯に2滴ずつ注ぐ。
19. 茶たくの左に聞香杯、右に品茶杯を乗せて、お客様に差し出す。
20. 品茶杯を左手に持ち
21. 品茶杯を聞香杯の上に乗せる。
22. 両手で品茶杯と聞香杯を持ってひっくり返す。
23. 聞香杯を回しながら、お茶の香りを嗅ぐ。
24. 右手の3本指で品茶杯を持ち、
25. お茶の色を鑑賞し、
26. お茶を3回に分けて飲む。

お、、、覚えられませ~ん(汗)。
茶碗を持つ手の形までちゃあんと決まっているんです。。。

台湾烏龍




後半の聞き茶は、先週に引き続き、今週も台湾烏龍茶を楽しみました。
今回は標高の高い山で生産される高山茶を楽しみました。

本日のお茶
・台湾台北文山茶区の文山包種(写真右)
・梨山茶(写真左)
・杉林溪

いずれのお茶も今年の春に取れたばかりのお茶をいただきました。
標高の高いところで栽培されたお茶は香りが高く、
梨山茶は7煎淹れても香りがずっと残っていました。

写真は淹れた後の葉の様子なのですが、葉の形がそのまま残っているのです。
手摘みならではの業なのですねぇ。



お茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/03

鼎泰豐(ding3 tai4 feng1)

行って来ました!!
NY Timesで世界で最も美味しいレストランTOP10の中に入ると紹介されたお店、
ディン・タイ・フォ~ン♪

鼎泰豐




日本にいた時、新宿のお店に行ったことがあるのですが
1時間は並んだ記憶があります。
それなのに、ここでは並ばずに席に着くことが出来るなんて
幸せすぎます。


本日のメニュー

特色泡菜(te4 se4 pao4 cai4) 鼎泰豐特製キャベツの漬物



碧玉双笋(bi4 yu4 shuang1 sun3) 筍の前菜



蟹粉獅子頭(xie4 fun3 shi1 zi tou2) カニ入りミートボールスープ



元盅鮮鶏湯(yuan2 zhong1 zian1 ji1 tang1) 鳥のスープ



そして!鼎泰豐といえば、これはハズせませんよね!!

特色小籠泡(te4 se4 xiao4 long3 bao1) 熱々の汁を閉じ込めた小籠泡♪



特色小籠湯泡(te4 se4 xiao4 long3 tang1 bao1) こちらはスープと一緒に食べます



虾肉焼麦(xia1 rou4 shao1 mai4) えびシューマイ。これも汁たっぷり♪



素菜蒸餃(su4 cai4 zheng1 jiao3) 野菜の蒸し餃子



蛋炒飯(dan4 chao3 fan4) 炒飯。シンプルだけど美味です♪



豆沙小包(dou4 sha1 xiao3 bao1) 小豆小籠泡。デザートです。



小豆の中にモチモチ杏仁豆腐が入ったデザート




本当によく食べました。何も言うことありません(笑)。



おそとごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/02

夏の日焼け対策

空はグレイなのに、なぜか日差しが強い北京。
ジリジリと太陽に照り付けられ、連日30℃を越す日が続いています。
今のところ、私が知っている限りでは最高気温は37℃。
充分暑いです。。。。
かと思ったら、突然スコールのように雨が降って、
雷が鳴り出す。
典型的な夏の天気ですね。



「まだまだこれからよ~」という先輩奥様の声にビクビクしながらも、
何とか体調を崩さずにやっています。




さて、今日は暑い暑い北京での北京娘(&おばさま)達の
夏の日焼け対策についてのレポートです。

日差しが強くなると、途端にこんなサンバイザーをかぶる人が増えてきました。
ツバの部分がやけに長いんですよね。。。。


でもね、これにはちゃぁんと理由があるんですよ♪



こうやって使うんです!



最初見たとき、びっくりしてしまいました!
顔を全て覆ってしまうんです。
サングラスになるし、きっと埃よけの意味もあるんでしょうね。。。

もう1つの注目点は、お姉さんが着ているケープのようなもの。
腕を焼かないように、これで腕を隠しているんです。
このサンバイザーとセットで自転車に乗っている人を良く見かけます。


ケープではなく、代わりにこれをつけている人も・・・



事務仕事の人が腕につけているようなもの。(何て言うんでしたっけ?)
そして、やっぱりサンバイザーは付けている。


さ、新しい1週間が始まりました。
明日、サンバイザーとケープをつけて
自転車出勤するお姉さん(&おばさま)達を見かけることでしょう。

みなさまも良い1週間を!


日々徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/07/01

漢字変換の法則

日本みたいにカタカナが無いこの国では、全てを漢字で表記しています。
海外から来たものも全て漢字に変換しています。
漢字に慣れ親しんでいる私達も、「おぉぉ~」と感心するものもあれば、
「なんじゃ、これは?」と思うものまでたくさんあって、
結構楽しませてもらっている今日この頃。

最近漢字変換に3つのパターンがあることに気が付きました。
(あくまでも私の論説ですので、悪しからず)

その1 : 意味重視

・7-11便利店 = セブンイレブン
・21世紀不動産 = Century 21 などなど。


その2 : 音と意味が限りなく近い

寨百味(zhai4 bai3 wei4) = SUBWAY
・多楽之日(duo1 le4 zhi1 ri4) = Tous Les Jours



旦那さまに調べてもらったところ、Tous Les Jours とは仏語で「毎日」という意味。
なるほどね~。


その3 : 音重視(これが結構楽しい♪)

力士(li4 shi4) = LUX
勞力士(lao2 li4 shi4) = Rolex

そんな中、先日見つけた「必?客(bi4 zang1 ke4)」



え~? Pizza Hut が「ビーザンクー」??



そういえば・・・・確か広東語では「客」を「ハ」って読んだっけ??
そうしたら「ビーザンハ」で少し読み方が似てくるなぁ。

旦那さまが興味深い話を教えてくれました。
海外の企業が最初に香港など広東語圏に進出した場合、
漢字変換は広東語が基準となるそうです。
そしてそのまま全国に広がっていく。
だからPizza Hut の場合も最初に香港に進出したのち、
中国全土に広がって行った可能性があるとのこと。

先日のマクドナルド(麦当?(mai4 dan1 lao2)のように、
音も意味もかけ離れているように見えるものも、
広東語で読むと、もっと音が近くなるのかもしれない、とふと思いました。


奥が深い中国語的漢字変換。

広東語の辞書が欲しくなっちゃった(笑)


漢字変換in中国語 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。