--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/09/15

安吉白茶 / あんきつしろちゃ

暑さもひと段落し、秋らしくなってきましたね。

ここのところの猛暑続きで水出し茶しか飲んでいなかったですが、
この涼しさで、久しぶりに暖かい緑茶を淹れてみました。


安吉白茶
産地は浙江省 安吉県

安吉白茶



白茶の木で採れた葉を緑茶と同じ製法で作っています。
なので名称には「白茶」とありますが、カテゴリーとしては「緑茶」なのです。


茶葉4g お湯の温度75℃

安吉白茶



このまま3分お待ちください。


茶水は薄い黄色

安吉白茶



苦みがなくてさわやかな味がします。


淹れ終わった後の茶葉

安吉白茶 茶葉




中国茶では、淹れ終わった後の茶葉も鑑賞の対象なのですが、
日本茶ではこういうことをしませんよね。
中国では今でも手摘みで収穫しているところが多いから、茶葉もきれいな形をしています。
手摘みの茶葉は味も違うんですよ~。
お値段は高いけど。。。



スポンサーサイト
└ 緑茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/10/11

六安瓜片 / ろくあんかへん

連休の間、色々なお茶を飲んだので、少しずつ紹介していきますね。

六安瓜片
中国十大銘茶のひとつです。
産地は安徽省 六安市
唐の時代にすでに存在していたという歴史あるお茶です。

細長くカールしているのが特徴

六安瓜片 茶葉




茶葉 4g お湯80℃

六安瓜片



このまま3分待ちます。
茶葉がゆ~っくりと開いていく様子は何度見ても楽しい♪


茶水は明るい黄緑

六安瓜片 茶水



甘くて上品な味がします。


葉が瓜の形に似ているから「瓜片」とついたそうです。

六安瓜片 茶葉 2



ふむ。言われてみれば・・・



└ 緑茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/13

太平猴魁 / たいへいこうかい

そろそろ緑茶のシーズンは終わりかけているのですが、
もう暫く緑茶にお付き合いください。

本日は太平猴魁
産地は安徽省黄山市
中国十大銘茶のひとつです。


押し花をしたような茶葉に衝撃を受けたのを今でも覚えています。

太平猴魁 茶葉



茶葉4g お湯の温度80~85℃

太平猴魁



茶水の実物は薄い緑だったのですが、
写真では随分深い色だなぁ・・・。

太平猴魁 茶水



かすかに花の匂いがします。
味も甘くてまったり。飲みやすいです。


淹れた後の茶葉も大きい!

太平猴魁 茶殻





└ 緑茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/08/25

信陽毛尖 / しんようもうせん

朝晩涼しくなり、秋に向かって暦が進んでいる北京です。

今日のお茶は信陽毛尖。
中国十大銘茶のひとつです。
産地は河南省信陽県

茶葉は深い緑色で、産毛がたくさんついています。
これは春先に植物が自身の身を守るためにあるもので、
栄養がたくさん詰まっています。

信陽毛尖 茶葉




茶葉 4g お湯 80~85℃

茶葉はとても柔らかく、すぐ沈むので、
先にお湯を入れてから茶葉を入れます。

信陽毛尖 2




茶水は深い黄緑色

信陽毛尖 茶水



味はまろやかで、芳醇な香りがします。


信陽毛尖 茶葉 2



芽だけしか使っていない贅沢なお茶です。


└ 緑茶 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/08/07

碧螺春 / へきらしゅん

緑茶は痛みが早いので、
今、家にある緑茶の消費に精を出しています。

本日は碧螺春
十大銘茶のひとつです。

産地は江蘇省、洞庭山
洞庭山には東山茶区と西山茶区があるのですが、
本日は西山産をいただきました。

茶葉は細かく、田螺のようにくるりと曲がっているところから
この名前がつきました。

碧螺春 茶葉




ガラスコップを使って淹れるのですが、
碧螺春の茶葉はすぐ沈むので
先にお湯を入れてから茶葉を入れます。

碧螺春



茶葉を入れたら、すぐに沈んでいく様子が分かりますか?

茶水は透明感のある黄緑色

碧螺春 茶水



味はほんのりと甘さが感じられます。


茶葉は大変柔らかく、触ると崩れていきそうです。

碧螺春 茶葉



└ 緑茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/31

黄山毛峰 / こうざんもうほう

不安定な天気が続いている北京です。

相変わらず空は灰色で、
3、4時ごろになると急にあたりが暗くなって
激しい雷雨がやってきます。

こういう時は、家でゆっくりとお茶を淹れて過ごすに限ります。


黄山毛峰

安徽省、黄山一帯で生産されているお茶で、
中国十大銘茶のひとつです。

黄山毛峰 茶葉



茶葉に白い産毛が付いているのがみえますか?
産毛が多いほど良いお茶とされています。

茶葉3g お湯の温度80~85℃
ガラスコップを使って淹れます。

黄山毛峰



このまま3分お待ちください。
葉がゆっくりと落ちていくのを見ていると
3分なんてあっという間です。

茶水は透明感のある黄色

黄山毛峰 茶水




味はまったりしている中にも緑茶の爽やかさがあります。


└ 緑茶 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/06/13

西湖龍井 / せいこりゅうせい

緑茶の美味しい季節になりました。

中国で緑茶といえば「龍井茶」。中国十大銘茶のひとつです。

龍井茶の産地は浙江省杭州市。
茶区は3つ、「獅峰」「西湖」「梅家烏」。
今回は西湖茶区の龍井茶をご紹介します。

茶葉は平たく、黄色がかった緑です。

龍井の茶葉

茶葉 3g、 水温 85℃
ガラスコップに入れて3分待ちます。

3分待ちます

茶水も日本の緑茶と比べるとやや薄く、黄緑色です。
味は甘く、少~し栗のような味がします。

茶水


見事な一芯二葉

一芯二葉


└ 緑茶 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。